地域貢献

人間力アップ

弊社では、発展の要因は「人間力の向上」と捉えております。その為の手法として、「5S活動」、「VM活動」「活力朝礼コンクールへの出場」を取り入れ、全社的に取り組んでおります。

5S活動

整理(Seiri)、整頓(Seiton)、清掃(Seisou)、清潔(Seiketsu)、躾(Shitsuke)により、心地よいサービスや業務効率化、更には社員の人間力アップにも繋げます。

必要なものが必要な時に取り出せない場面を思い出して下さい。探す時間ばかりが増え、探し物が見つかればまだしも、最悪の場合は探した挙句、物が見つからなくてイライラする、例えばそんな不効率極まりない事を、この5S活動では取り除いていきます。

活動を継続する事により、職場の美化や業務効率アップはもちろん、気持ち良く働ける職場が保たれ、それがお客様へのより良いサービスを提供する源となります。

 
Before
 ➡ 
After

清掃活動

当社では、毎月2回本社事務所周辺の清掃を行っています。地域の美化に少しでもお役に立てる様、気持ちを込めた清掃に努めて参ります。
清掃活動を通じて、ご来社されるお客様に気持ち良く訪問していただく事はもちろん、仕事をする上で士気を高め気を引き締める事にも繋がります。


JICA

平成27年2月17日にJICA「国際協力事業団」の「日本政府開発援助(ODA)」から≪日本企業の環境取り組みの研修先≫として、南米のブラジル始め6カ国の研修生が弊社を研修見学しました。

  • 研修 研修2
  • 感動を与え、感動をいただいた事例

    得意先名:大垣市 T 様

    収集担当者:坂井田 大介

    定期収集で伺う際、「いつも事前に連絡をくれ、時間通りに収集をしてくれて、君はマニフェスト以上の仕事をしてくれる」というお言葉を頂きました。その言葉を頂き、私の方が感動をもらい、今後も今まで以上に最高の仕事をしようと思いました。

    得意先名:愛知県 K社M店、G店、I店 様

    収集担当者:野原 大輔

    定期収集のお客様で毎日顔を合わせ収集終了後も「いつもありがとう、ご苦労様、明日もお願いします。」と毎度感謝の言葉を掛けて頂き、お客様の心遣いに感動し仕事に喜びを感じています。

    得意先名:山県市 G社 様

    収集担当者:坂本 淳一

    定期収集のお客様で回収に伺った際「いつも元気なあいさつこれからもお願いします。」と感謝の言葉と収集終了後に飲み物とお菓子を用意してくださりお客様の気配りにとても感動しました。他のお客様にも好かれるように笑顔を忘れず仕事します。

    得意先名:大垣市 N店 様

    収集担当者:牛田 誠

    時折感謝の文面が廃棄物に貼り付けてあります。そしてお客様にありがとうと言われます。

    得意先名:大垣市 S店 様

    収集担当者:加納 晃巳

    収集後ゴミ庫の中を水まきするんですが、早出のパートさんに(毎日の掃除が楽になるし、匂いもなくなってほんとに助かります。)と感謝され、思ってもいなかった事に「見ていてくれたんだ」と、感動しました。

    得意先名:垂井町 I施設 様

    収集担当者:藤林 義洋

    掃除のオジサンに名晃さんはいつも車がキレイだね!ごみ重たいのにいつもありがとう!と昨日言われました。よろしくお願いいたします。

    得意先名:大垣市 H学校 様

    収集担当者:山田 正司

    収集に行った時、私はいつもと変わらず元気良く挨拶をした所、用務員さんが 山田さんはいつも元気だね 山田さんに元気をもらったからオレも頑張ろうと言う言葉を貰いました。お客様に元気を与えられたかな!

    得意先名:大垣市 S社 様

    収集担当者:井上 和也

    西濃運輸本社にて、廃棄物置場の掃除をするついでに、近辺に落ち葉が散らかっていたのでそれもホウキとちり取りで集めていたらそこまでキレイにしてくれて有り難うとお言葉を頂きました。

    得意先名:安八町 T店 様

    収集担当者:水谷 誌紋

    お客様に「いつもありがとう、ご苦労様」と言っていただけました。

    感動いただいた方:以前の輪之内の区長様

    収集担当者:草間 一成

    収集する際近くにいた方に「こんにちは名晃です。コンテナの交換をするので、うるさいかもしれないので迷惑かけます」。と一言お伝えしたところ「名晃さんかーー!!会社、どんどん大きくなってくね。がんばってね」と一言もらいました。経営理念「地域とともに」と会社の基本方針を伝えると、「そりゃー苦情もない会社やわ!!まだまだ大きくなるな」と言われ、また「産廃と言うと、近隣の住民とあーだーこーだよく聞くけど名晃さんはそーいうのないもんな!!」と言われたこちらも嬉しく誇らしく思える一件でした。

    page top